もしかして?と思ったら…不妊治療の第一歩はまず検査から。

もしかしてと思ったら相談してみよう

様々な調べ方

月経周期に合わせて

不妊治療へ進むための検査は、問診の後行われる一般的な検査に合わせて、他の検査も受ける場合があります。
その場合月経周期に合わせて適切な検査を行って行きます。
月経の際には基礎ホルモンを調べ、低温期には子宮卵管造影、子宮鏡検査を行い、排卵の際にはフーナーテスト、卵胞ホルモンを調べ、高温期には黄体ホルモンを調べます。
もちろんこれら以外にもまだまだ調べ方は沢山あり、調べていく上で見えてきた状態によって、更にどういった検査を行うのかが決まってきます。
全て受けていくとやはり一か月、場合によっては二か月ほどかかりますが、調べて行くことで本当に必要な不妊治療とは何なのか、どういった不妊治療がベストなのかが見えてきます。
すぐにでも不妊治療に進みたいと思わずにはいられないものですが、はやる気持ちをぐっとおさえて一つ一つ丁寧に調べていきましょう。

男性の検査も

不妊治療を必要とするのは女性が多いとはいえ、女性だけが不妊治療を必要とするわけではないことをご存知でしょうか。
場合によっては不妊の原因が男性にある場合、もしくは男女ともに問題を抱えていることも少なくなく、それ故に男性も検査を受けなくてはならないこともしばしば起こり得ます。
男性の場合精液や精巣生検査といったものを行い、不妊の原因がないか調べていきます。
ですから不妊治療に臨む際は女性側に原因があると決めてかからず、男性にも原因がある可能性を頭に入れた上で、男女ともしっかりと調べてくれる、そういった病院で検査を受ける様にしたいところです。

Copyright © 2015 もしかして?と思ったら…不妊治療の第一歩はまず検査から。 All Rights Reserved.